お客さんに聞かれることを想定

どんな時に効く医薬品なのか

登録販売者になったら自分の持っている知識をフル活用して、お客さんの買い物を手伝ってください。
風邪薬を買いたいけれど、種類が多いので迷っている人がいると思います。
お客さんからどの症状に最も効果を発揮できる医薬品が良いのか聞いて、おすすめを紹介してください。
また、服用方法を尋ねられることもあります。

医薬品によって服用するタイミングや量が異なるので、間違えたら大変です。
的確に指導しなければいけません。
薬局で扱っている医薬品を把握して、前もって服用方法も理解しておきましょう。
登録販売者が医薬品のことをわかっていなかったら、お客さんに不信感を与えてしまいます。
お店の信頼を失うきっかけになるので注意しましょう。

わかりやすい言葉を使おう

説明する際は、なるべく専門用語などの難しい言葉を使わないでください。
自分は登録販売者になるために、難しい医学や医薬品のことを勉強したので専門用語も理解できるでしょう。
しかし一般の人は、専門用語を言われても何のことだかわかりません。
こちらの説明が伝わらないので、簡単な言葉に置き換えてください。

わかりやすく説明することで、信頼を得られます。
登録販売者の資格があっても、お客さんの質問に答えられなかったり、うまく説明できなかったりする人はお店をクビになってしまいます。
登録販売者になるという夢を叶えるために、説明能力も鍛えなければいけません。
難しい言葉を自分で調べて、どのような言葉に置き換えれば良いのか考えましょう。